バージョンアップした「t238」!

今日は先日よりVFCさんのmk18 mod1用に、中華電子トリガーデバイスT238を買ったので、どれだけこの一年で変わったか、見て行きたいと思います!!

T238 ver.1.7で変わったこと

プリコック機能が安定

まず何故かver.1.7だけプリコックが出来る問題に関しては…まじ卍❤️

いままでピストン前進とか項目あったけど、全くピストン後退してねぇしって思ってました!

そう!15段階から調整出来てました!!

数々のT238電子トリガーを試してきましたが、これは相当大きい!

写真で見てもらいたいのですが、プリコック出来てるのが分かると思います!

コードがテフロンに変わった

更に、配線が太くテフロンになったおかげで、エラーが起こりにくくなりました!

良くエラーで、セミでトリガー引くとフルオートになって、「プー」のエラー音が鳴るのは、コードが破れて接触してたり、基盤のハンダが接触やハンダ付けが甘かったり、セクターギアに貼る探知シールが剥がれたり、セクター探知のピンが折れてたり、もうたまらんちん❤️

違う違う!w

フルオート3発のエラー音は、断線してる事も関係していたので、これで安心して組み込めますね!

更に更に、ハンダがしっかり盛られてたので、信号の通達エラーも無くなってます!!

めっちゃ改善してくるやん❤️

値段は据え置き❤️

2020.7.12追伸:

新型エラー!?

状態:イナズマモーター、プリコック、ショートストロークするとエラーで止まり、その先一切の操作を受けつかなくなりました…接続時の音は「プープププ」ですw

解除する方法を試行錯誤して、なんとか以下の方法で直りました!

1.プリコックを物理的に解除する

メカボを取り出して、逆転防止ラッチを工具で解除してあげます!

2.ノズルを最前進するまで戻す

上記逆転防止ラッチ解除で必ず、ノズルを最前進した状態まで戻します!

3.解除後、すぐ設定を戻す

1.〜2.で解除出来ますが、その後すぐにモーターを回すのではなく、セレクターをフルオートにしてトリガー長押しでセッティングモードにしないと、また元に戻るので面倒です…

セッティングモードでプリコックを解除して、ショートストロークを解除してから、始動させると完全に戻ります!

もちろんプリコックとショートストロークは、それぞれでの設定は問題ないです!

一応気になったので、2つ以上の設定で上記状態になるのは、プリコックとショートストロークのみでした!

まだまだやな中華電子トリガー!!

色々エラーで検索されてる方いるみたいで、良ければコメント下さいな❤️

わかる範囲でお答えします!!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です