トレポン用DSG!

今日はトレポン(PTW)用のDSGを紹介したいと思います!!

f:id:peroperoaki:20200221095131j:image

Siegetek Concepts Cyclone Dual Sector Gear for PTW

Siegetek Concepts Cyclone Dual Sector Gear for PTWという名の超硬い金属で出来ている、アメリカ産のええやつですね!!

よくダブルセクターギアなんか言われてるやつですね!!でも本当はデュアルセクターギアが正式名称なんです❤️お間違えのないように!

それはさておき、本体は小さいものですが、お値段は日本では12,000円もします…なのでアメーリカから直で仕入れてみました!

お値段送料込で8,000円!!それでもたけぇですね!!

f:id:peroperoaki:20200221095924j:image

見ていただけたら分かりますが、一周で2回ピストンが弾けるええやつです!

この機構のおかげで、キュインッという音がボッになります!

これも写真を見れば分かりますが、小さい穴が3個ずつあります!

トレポンはレーザー探知でモーターをコントロールしてるので、この穴からレーザーが抜けた時にすぐモーターを止めてしまうんですね〜

f:id:peroperoaki:20200221101149j:image

これで私のトレポンは全てDSGの沼に落ちました❤️

個人的なメリット、デメリットをリストしてみました!

メリット

1. 電力消費が少ない!

なんせ半分だからね!セミしか使えないトレポンは尚更ええです!

フル使ってますか?寿命がチヂム〜

2. レスポンスが更に高まる!

なんせ半分だからね!意味わかんないぐらい連続で飛んでいきます!

壊れるからやめてね❤️

デメリット

1. 仕様変更が必要!

これひとつ変えるだけでいいなんて思わないことですね!ピストンを弾く枚数が少なくなるので、途中でピストン解放するから初速超下がります!!因みに私は92から68まで下がりました!なのでスプリング交換も必要ですし、ピストンだって変えてしまいたい…硬いスプリング使うので、ねじれた時の為に、ベアリングのスプリング受けも欲しい…ピスクラの対策が必要!そういう事です!!

2. 簡単そうで簡単じゃない!

そう!初速の調整がムズイです!いざやりますではシリンダー開けるのに専用工具もいるし、そのシリンダーの中に通常の1.3倍ぐらいのバネ出し入れしなきゃいけない…

ひとつだけ言うなら、オルガ製やら、アルファ製やら、G&Dやら、A&Kやらのシリンダーはおすすめしません!!シリンダー開け閉めしてたら、素材がアルミだとすぐナメます!!SHSの黒いやつは一応使えましたが、全体が純正と互換はありません!

おすすめは純正とFCCとHAOだけです!

3. トレポンにある反動はなくなる!

トレポンはモーターが強く、パワフルに動くので、ストックに肩を当てると反動があってリアルなんですよね〜

それほぼ無くなりますw

4. 言うほど早いて事もない!

元からレスポンス鬼のトレポンなのでそれが半分になっても、最初は言うほど体感は出来ません…

むしろ給弾が間に合わなくなったり、全体の調整に時間を取られます!

でもトレポンのDSG使ったら、元には戻れません!このビミョーな差が分かって来たら、オリジナルが遅〜く感じるからです❤️

デメリット多っwww

でもなんで私が全部入れてるか!それはDSGのシステムはもはやトレポン以外では出来ないと思うからなんですね!

ん〜ていうか、トレポンが一番安心するかな〜と思います!他の電動ガンはやはり頼りない素材だったりする分、そのままではDSGは入れれないんですよね〜クライタックのメカボとかAPSの電子トリガーメカボは別ですけど❤️

入れれないではなく、入らないかもしれません!

ただスプリングとDSG変えただけで運用はできないって感じです!!

以上現場からでした!!

f:id:peroperoaki:20200221103804j:image

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です