トレポン用 海外製SHS シリンダーユニット!

今日はトレポンことPTW用に海外製でお馴染みSHSさんのシリンダーユニットを紹介したいと思います!!

f:id:peroperoaki:20190203115640j:image
f:id:peroperoaki:20190203115644j:image

真っ黒なやつで私はすごく好きですね❤️

前にアルファという会社のシリンダーユニットも2つ所持させてもらってましたが、アルミ製で出来ているため、メンテナンスで開け閉めしてると、ネジ切りがナメてしまい閉じることが出来なくなってしまいました。

今回のSHSさんは流石と言うべきか、恐らくステンレス製で少しは安心できます…

ただ純正のシリンダーユニットは200g超に対して160gほどしかないので、結局は不安でしかありませんw

更にシステマ純正とシリンダーケースのネジ切りの幅が違うので、純正品は付けられませんw

なので、頭とお尻はそのまま使うしか無いのです…OMG

個人的な意見ですが、日本のエアガン業界はまだまだ企業努力が足りないと思います。特にシステマ社。なのでこういった海外企業が値段を安くして参入してくれることは、すごくいい事ですよね!選択肢が増える!

システマ社を筆頭にただ値段が高いではなく、より価値があって、もう少し適正価格になれば、ただの所有欲で持たなくても楽しめると思ってます!!そうなってほしいという期待もあります!

さてw

中身見ていきましょう!

まずノズルAです!

f:id:peroperoaki:20190203121818j:image
f:id:peroperoaki:20190203121823j:image

よく見ると実は六角ではないので、純正に比べるとメンテナンス回数が増えると思います…

ワンマガ家撃ちしてたら、給弾がおかしかったので、開けるとノズルAとBのネジが外れかかってました。これで六角じゃなければ、ネジロックも着けれませんし、強く閉めることもできませんね!

あと実は写真見るとわかるけど、綺麗な円ではないですw

心配なのでノズルAのみ純正に交換して、ネジロックします!!

そしてシリンダー!

f:id:peroperoaki:20190203122340j:image
f:id:peroperoaki:20190203122347j:image

ペストンヘッドとシリンダーを固定してるのは、まさかの一本のデカイネジですw

これは危ない…クラッシュしそうですw

ペストンヘッド側でも止めるネジとか無いので、ただ下から無理やりねじ込んでるのです…こえーよー

ペストンヘッドoリングは、すげー柔らかいシリコン製ですが、一応純正品アホみたいに持ってるから、変えてみます!!

f:id:peroperoaki:20190203122904j:image

そうして完成したのがこちら!!

f:id:peroperoaki:20190203115535j:image

シリンダーユニット色々弄るだけでこの散らかしよう…さーせん!!

書き忘れましたが、シリンダーケースは加速でした!!

では試し撃ち!!

ん??

2発に1発しか出ない…

やっぱピストンヘッドoリングはSHS製じゃないといけないみたいです…

ノズルBはそのままなので、システマ純正oリングとはサイズが合わず、かなり食いついて離れませんでした…なんとなくわかってたので、元に戻します!

初速は0.20で85ぐらいでした!

f:id:peroperoaki:20190203123743j:image

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です